インラインスケート・ローラースケート

初心者が初心者に向けて書いたインラインスケート・ローラースケート入門サイト

インラインスケートとは?

インラインスケート・ローラースケートとは

 
ローラースケートは、靴底にタイヤを取り付けることで路面を滑走することが出来るようにした靴のことで、そのままスポーツとしての競技の名称としても使われています。
 
ローラースケートには、一般的に「ローラースケート」と呼ばれる、自動車と同じようにタイヤが四隅に付いている「クワッドスケート(Quad Skates)」と、タイヤを一列に並べた「インラインスケート」に分けられます。
 
【ローラースケート(クワッドスケート)】
クワッドローラースケート
 
【インラインスケート】
インラインスケート
 
 
ちなみに、「インラインスケート」のことを「ローラーブレード」と呼ぶこともありますが、「ローラーブレード」は「インラインスケート」を作っているメーカーの一つのブランド名になります。
インラインスケートのパイオニア的存在のブランドですので、かつては「インラインスケート = ローラーブレード」と言う時期があったことの名残ですね。
 
 
これからインラインスケートを始める方は、引き続き下記のページをご覧下さい。
 
 インラインスケートの種類
 
 

ローラースケート(クワッドスケート)とインラインスケート

 
ローラースケート(クワッドスケート)とインラインスケートの違いは、タイヤの配置のされ方です。
見て分かるとおり、ローラースケート(クワッドスケート)のタイヤは自動車と同じく四隅に配置され、インラインスケートのタイヤはバイクのように一列に配置されています。
 
この違いによって、ローラースケート(クワッドスケート)は靴自体で自立できますが、インラインスケートは倒れてしまいます。
これは、単に靴が自立できるかどうかだけでなく、実際に履いて滑る際にも大きく影響するところで、ローラースケート(クワッドスケート)のバランス感はインラインスケートより遙かに優れています。
 
そのため、ローラースケートでダンスをする方は、ローラースケート(クワッドスケート)を好んで使います。
ですが、安定性以外のスピードや直進性、……などはインラインスケートの方が優れています。
 
そのため、ローラースケート(クワッドスケート)より、インラインスケートを作るメーカーの方が多く、取扱商品も多いため、ローラースケート(クワッドスケート)よりインラインスケートを選ぶ方が選択肢は広がるでしょう。
 
 インラインスケート・ローラースケートのショップ
 
 
ただ、実際問題として、バランス感覚に自信がない方の場合は、ローラースケート(クワッドスケート)でしっかり滑れるようになる方がいいんじゃないかと思います。
 
 
また、ローラースケートの練習が出来る場所は、下記のページをご覧下さい。
 
 インラインスケート・ローラースケート・スケートボード・アイススケートの練習場所
 
 
 
次へ:インラインスケートの種類

GoogleAdwords

GoogleAdwords

公開日:
最終更新日:2017/03/14

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!